空に咲く花

sora2008s.exblog.jp

オカメ@ヒマワリと高校野球、フィギュアスケート好き母さんの、のんびり書きとめ日記です。コメント返しのお気遣いは無用です。

北海道在住。
オカメインコ@ヒマワリと高校野球、フィギュアスケート好き母さん(ルナ)の のんびり書きとめ日記です。

ブログトップ

「がんばれ」という言葉

もう何年も前の事。
報道番組の中でやっていた記憶なんだけど、高校受験勉強をしている子供に家族は
どんな言葉をかけるのが適しているか。と言う事をやってました。
「受験」と言うプレッシャーを抱えながら勉強をしている子供に対して「頑張って」と声を
掛けると子供は「自分は頑張っているのに頑張りが足りないのか」と不安を覚える。
こんな時は「ちょっと休憩したら?」など、子供の精神面を考慮して頑張っている事を
理解している言葉を掛けると子供は安心するんだそうです。

そして去年12月。
同じエキサイトブログを巡ってた時、どこのサイトさんか忘れましたが、書籍の紹介を
してました。
「頑張れ」と言う言葉は相手が「頑張る!!」と言って来た時に初めて言える言葉で
何も言われていないのに「頑張れ」と言うのは、自分自身をよく見せようとしている
だけだ。と。

どっちも激しく納得。
たわいもない会話の中で使う分には神経に刺さらない言葉だけど、発するタイミングを
間違えると相手に不快感を与えてしまうな…と。考えてみたら、口ぐせの様に簡単に
使えて、便利で一言で集約できる言葉だもんな…。
高校受験の話しを聞くまでは、私もよく使ってましたもん。
それを思うと、私が厳しい状況の時に決して「頑張って」と言う言葉を使わずに別の
表現で勇気をくれる現実の友達に感謝してます。
あくまでも人それぞれ感じ方は違うから押し付けじゃないですよ。
だけど感じ方、受け止め方が違うからこそ、「頑張れ」に限らず、言葉の使い方や
発するタイミングに気を付ける意識は失くしちゃいけないな…と。
「言葉」と言う領域でイヤな思いをして来たから、敏感に反応しちゃうんだよな、私。
今お付き合いさせて頂いている多方面の方達の様に、言葉を大事に使える人に
なりたいな…と感じました。 
[PR]
by blue0721s | 2008-01-19 13:27 | 雑記