空に咲く花

sora2008s.exblog.jp

オカメ@ヒマワリと高校野球、フィギュアスケート好き母さんの、のんびり書きとめ日記です。コメント返しのお気遣いは無用です。

北海道在住。
オカメインコ@ヒマワリと高校野球、フィギュアスケート好き母さん(ルナ)の のんびり書きとめ日記です。

ブログトップ

しっかりしよう、飼い主

ヒマワリの命を守る為に出来る限りの努力をして、一緒に頑張って来ました。
捕食される本能から、ギリギリまで弱い所を見せない動物なんですね。
なので表から確認出来る事と言えば、エサの食べ具合、うんPの形と色、硬さ、
量、元気度、鼻と目のチェック(鼻水は出てないかとか、涙目じゃないか)
体重などのチェックを続けてます。
「母さん、どうしてそんなに見つめてるの?」と思ってるんでしょうか。
首を傾げるヒマワリと見つめ合ってます。
そして私は「かわいい顔しちゃって…」と親バカンになります(笑)
いや…母さんに似ず(私)、ホント、美人さんです。
小松菜を食べて緑色の妖怪になっちゃったけど、私はかなり親バカン。




こんな母さんが1番しっかりしなきゃと思うのが、病院の先生に会った時。
初めて病気に直面した時、最悪の話しを聞かされると冷静さを無くしちゃう。
命に関わるんじゃないかと頭の中が真っ白になって聞きたい事がブッ飛ぶ。
うんPから抱え続ける可能性が高い菌が検出された時も。
原因不明で体重が減り続けた時も。血液検査を希望した時も。
どれも最悪パターンの話しが先で母さんは冷静さを失いました。
今、ヒマワリが抱えているのは、まだ初期段階の肝臓病です。
ホワ毛があるのが信号だそう。
そしてクチバシに黒い斑点が出た事で、肝臓病の場合に出るものとして
「出血斑」を疑いました。薄っすら黒い斑点が出てから約3週間が経つんだけど
打撲だったら、もう消えててもいいはず。
って事で、急遽2日に病院に行く事になりました。
去年、ヒマワリが危なかった時に大変お世話になったお友達から一日の夜に
お電話を下さって、その時に「ヒマワリちゃんを守れるのは、ルナさんですよ」と。
そうなんです。私しか居ないんですよね。
2日、病院に行ったら黒い斑点の事も含め肝臓病に対して私が望む早期治療、
肝臓病の治療方法などをきちっと聞いて納得する事。
その上でリスクが高い血液検査をしてもらうか決めたいと思います。
悪い所がどれ位あるのかを知りたい。だけど今は、万一の事を考えると怖い。
色んな話しをする事で、自分の中で燻っているモノを払拭出来たらいいな…。
しっかりしような、飼い主よ。
そして色んなアドバイスを下さったお友達に感謝です。ありがとうございました。
[PR]
by blue0721s | 2008-06-03 02:06 | 雑記