空に咲く花

sora2008s.exblog.jp

オカメ@ヒマワリと高校野球、フィギュアスケート好き母さんの、のんびり書きとめ日記です。コメント返しのお気遣いは無用です。

北海道在住。
オカメインコ@ヒマワリと高校野球、フィギュアスケート好き母さん(ルナ)の のんびり書きとめ日記です。

ブログトップ

お星様になっても生きている。

今春から読ませて頂いていたブログ管理人様宅で、今月11日の午後
オカメインコのテトさんが亡くなりました。
生まれつき肝臓病を持ち、この1年1カ月の間、病院に通って治療を
続けて来られました。
何かあった時、すぐ病院に行ける環境だったからこそ生きて来られた。
でもね、パパさんとママさんの思いが痛くて涙が止まらないのです。




動物は人間よりも寿命が短い。いずれお別れをする日を迎える。
それを理解した上で、1つの命を預かる責任を負うのだと思います。
私が初めて動物の「死」を目の当たりにしたのは、平成9年にお迎えをした
オカメインコでした。
診察をしている病院がなく、電話が繋がったと思ったら「これから忘年会」
と言う理由で診察をしてもらえなかった。
けっきょく私の手の中で苦しみながら亡くなってしまいました。
この時、何もしてあげられなかった。守れなかった。
長い時を経てヒマワリをお迎えをしたわけだけど
出来る限りの事をして命を守ろうとするのは、飼い主の本能だと思うのです。
それが延命治療だったとしても「生きて欲しい」と言う願い。
それぞれ飼い主さんによって、出来る事の限界に違いはあっても
その「出来る限りの事」に間違えはないと思ってます。

もう一緒に暮らす事は出来ないけど、テトさんは
光輝く美しい世界で生きているんだって。
食事制限があった子も。身体が不自由な子も。生まれつき病気の子も。
全ての子達は健康で食べたいものを食べて、自由に飛び回って
生活をしてるんだって。
そして一緒に暮らした家族の幸せを願ってるんだって。
そして時々、近くに来てるんだって。
パパさんとママさんと仲間の鳥さんの所から旅立ったテトさんや
それぞれの飼い主さんの所から旅立った子達も。
私の所から旅立った「ルナ」も。

お星様になっても生きている。
たくさんの愛情を受け、旅立ったテトさんの為にも。
今一緒に生活をしている鳥さん達の為にも。
少しずつでいいんです。元気になって下さいね。

本当はコメントを残させて頂こうと思ったんだけど、言葉べたな自分で
言葉が見つからなくて、ここでエントリーを立てました。
かわいらしくて愛らしいお顔のテトさんが大好きです…。
[PR]
by blue0721s | 2008-09-14 22:19 | 日常@オカメちゃん