空に咲く花

sora2008s.exblog.jp

オカメ@ヒマワリと高校野球、フィギュアスケート好き母さんの、のんびり書きとめ日記です。コメント返しのお気遣いは無用です。

北海道在住。
オカメインコ@ヒマワリと高校野球、フィギュアスケート好き母さん(ルナ)の のんびり書きとめ日記です。

ブログトップ

タグ:新聞記事 ( 14 ) タグの人気記事

今月11日、アメリカ出発の前に大輔くんが曲と振付師を公式に発表しましたね。
SPの振付師は「高橋大輔」のスケーティング技術を知り尽くした宮本賢二さん。
伝説となったバンクーバー五輪のSP「eye」、何気に簡単に滑っている様に見えて
実はとても複雑なレベルを要求する内容だった事はずっと後になってから知りました。

曲は「現代のベートベンと呼ばれている魂の作曲家・佐村河内守さん作曲の
ヴァイオリンのためのソナチネ」。
この曲を宮本さんがどう料理し、氷上のダンサー、アーティストな大輔くんがどんな
ふうに表現するのか。このタッグを待っていただけに凄くうれしい。

FSの曲は意外だった「ビートルズメドレー」。振付師はローリー・ニコルさん。
以前、担当になる様な話しが1度あって「わぁ♪」と期待したんだけど、白紙になった
事があったので、ようやくニコルさんに決まって嬉しいv
五輪シーズンに新しい振付師を起用する事で、また新しい「高橋大輔」に出会えるよ。
今シーズンに対する特別な強い想いもあるでしょうし。
1つとして同じ様な演目はない。毎年、違う色や空気を作って来る。
だから次のシーズンが楽しみになる。色々な化学反応が楽しみになる。
今シーズン、10月のジャパンオープンがとっても楽しみ…で、ドキドキです。

新聞記事 引用
[PR]
by blue0721s | 2013-07-20 21:13 | フィギュアスケート

四大陸選手権-高橋大輔-

ソチ五輪を目指すと決め、3年計画の2年目の今シーズン。

今年初めての公式戦「四大陸選手権」で楽しみにしてましたv
SP曲変更後、初お披露目。滑り込みをしていない事を思うとやっぱり不安的中。
演技構成点が低かったのが気になったんだけど、滑り込むと化けるかな。
でも、このギリギリで曲変更は全てにおいて歯車を狂わせた感じがする。
個人的にはロカビリーを突き詰めて欲しかったな。

FSの「道化師」。
曲が始まって冒頭の4回転ジャンプで両足着氷、その後ジャンプの失敗が続いて
私はかなり動揺…。
まさか3Aで失敗するとは思ってなかったー。
1週間前にスケート靴の新調、ブレードの交換の影響があったのかな。
立て直しが出来るだけの経験を積んで来た大輔くんなのに
立て直して滑り切って来た経験をして来たのに
それが出来ないまま終わってしまいました。
どんなに経験を積んだ選手でも、時として修正が出来ないものなんだな…。

約9年応援をして来てるけど、あんな姿を見たのは初めてかもしれないです。
滑り終わった時、キスアンドクライに居る姿、インタビューを含めて。
慢心があったと言っていたけど、それは違う。体力的な問題でもない。
6分間練習までは調子が良かったと言っていた。
冒頭の4回転が決まらなかった動揺とも思えない。
大輔くんの中で一体何が起こったんだろう…。


ステップ、スピンではレベル4を取れてるし、演技構成は相変わらず高くて82点台。
大丈夫。世界の舞台でもちゃんと評価を受けてるから。

大輔くんの波は良くも悪くも両極端。でも、今回はかなり動揺しましたよ、わたし。

来月の世界フィギュアでは、乗り切った大輔くんの姿を見れます様に…。
輝く笑顔が見れます様に。
不死鳥の様に。

今シーズン思ったんだけど、本当にモロゾフは必要なんだろうか。

続きは新聞記事引用
[PR]
by blue0721s | 2013-02-10 15:26 | フィギュアスケート

もうすぐシーズンイン

来月のグランプリシリーズを皮切りにフィギュアスケートがシーズンイン♪
このグランプリシリーズの中国大会に出場が決まっていた日本選手4名は
中国の治安悪化の影響で出場を見送る事になったんだけど、当初の予定通り
出場する事に決定したようです。
状況の変化で再検討する方針もありで、連盟は選手団にボディーガードを
付ける事も検討してるんだって。その方が安心だけど、本当に大丈夫かな…。
ソチ五輪出場に影響があるらしく、それが理由で連盟が下した決断なのかな。


大輔くんにとって、ソチ(2014年)まであと2年。
今シーズン、来シーズン併せて4プログラムだけ。
来シーズンのプログラムでソチ五輪。と考えると、すんごくさみしいな。
回数は観れても4プログラムで見納めになっちゃうんだもん。
でもね、彼が目指す高みが「そこ」にあるのなら私も見てみたい。

あと2プログラムずつしか出来ないから、納得が行くプログラムを作って
欲しいし、新しい分野に挑戦する姿も見てみたいな。
ソチを見据えた残り2年だから、まだ残っている可能性を出し切って欲しい。
そう言う意味でSPの1960年代ロカビリーは、かなりハードな鬼プロ
との事で(苦笑)
カラッと男っぽい雰囲気をどう演じきるのか、すごく楽しみですv

産経新聞Web版に大輔くんの記事がありました。
まだまだ進化を続けているのりしろの多さに、いつも驚かされるなぁ…。
私個人的には、ニコライの再加入は好ましく思ってなかったんだけど
大輔くんの思いを読んで、1番気掛かりな部分が払拭されました。
けど、安藤美姫ちゃんのコーチを自分から申し出たのに、自ら解約して
次は真央ちゃんのコーチをやりたがり…とコーチとしての評価を得る事に
懸命な腹黒さは嫌い。
人の気持ちをもう少し分かってもいいと思うんだがね。

続きは新聞記事
[PR]
by blue0721s | 2012-09-23 14:57 | フィギュアスケート

2011夏の陣・好返球

2007年夏 駒苫VS広陵戦
センターを守っていたピッチャー菊池くんの「さすがピッチャー!!」と思わせる
本塁への超ダイレクトレーザービームを思い出しました。

本塁を踏ませたら点数になる。「踏ませてたまるかッ!!」。
能代商の気迫を感じる逆転を許さない強い気持ちから生まれた外野から
中継が入っての2度のドンピシャリの好返球!!
瞬間的な球の握り直しもタイムロスになるコンマ0秒の世界だよ。
すごいかっこ良くて、ドキドキしました(。・´_`・。)
援護を受けたピッチャーの盛り上がり具合もハンパねーくらい(笑)
球場の歓声も凄かった!!
練習して来た事を「あの瞬間」で実践出来るなんてすごいッ!!
空気感が全く違うあの場所で出来ちゃうなんてすごいッ!!

こんな好プレーで加点を阻止して、流れは能代商と思ったけど…
残念な事に敗退してしまいました。
でも…すごくいい試合を、戦いっぷりを魅せて頂きました。
そしてもう1つ。礼儀正しい面も、とても光ってましたね…。

続きは新聞記事
[PR]
by blue0721s | 2011-08-16 23:48 | 高校野球
昨日のエキシビションで世界フィギュアが終わっちゃいました。
アイスショーより競技派だけど、緊迫した試合が終わったあとのショーは
選手達の表情もやわらかくて好きです^^

男女共に順位からのポイント計算で2012年の世界フィギュアは今年と
同じく3枠確保出来ました^^やたー♪
織田くん、まずはスケーティング中のとっさの判断力も養いましょう。
同じミスの繰り返しはいけませぬ。

28日フリースケーティングが終わったあと、ソチまで現役続行を表明した
高橋大輔くんは

続きを読む
[PR]
by blue0721s | 2011-05-02 23:50 | フィギュアスケート
強豪校とはまた別の純粋さを持つ子供達。
だから私は【小粒でもピリリと辛い小さな野球部】が大好きなのです。
すごく一生懸命。この懸命さが伝わって来るんです。
大敗しても下を向かず、収穫を得る前向きさが次に繋がるんでしょう。
心を打たれる野球をする子供達です。

今回の支部予選に無事出場を果たした真狩高校。
「小粒でもピリリと辛い小さな野球部」が大好きになったきっかけをくれたのが
真狩高校です。そして、こんなチームもありました。
チャンスがあったら、ぜひ「小粒でもピリリと辛い小さな野球部」の試合を
観戦してみて欲しいなと思います。

では…以下、朝日新聞より引用

続きは新聞記事
[PR]
by blue0721s | 2010-07-22 23:51 | 高校野球
佐々木くんが指揮をとる駒大苫小牧の戦いっぷりが見たい。
そう思い、円山球場に向かいました。
支部予選を見た方の話しでは、とてもスピーディーなチーム。
貴重なシートノックやボール回しを見てると、ボールを受け取ってから投げるまでの
時間が短く、軽快なフットワークで流れる様にスピーディーな動きをしてました。
戻りつつある駒苫です。
そんな駒苫ナインを観て、気持ちが高揚したのは言うまでもありません。

でも、誰が予想出来たでしょう。3時間半もの激闘を。

札幌第一   2 0 1   0 1 1  2 2 2  1=12  H14  E3
駒大苫小牧  2 0 3  0 3 1   2 0 0  0=11  H16  E5

スタメンは
飯田くん(中)・中山くん(三)・宮崎くん(左)・野沢くん(一)・落合くん(投)・糸屋くん(捕)
横山くん(遊)・江崎くん(二)・池森くん(右)

立ち上がりからピリッとしない感があったものの、取られたら取り返して突き放す
駒苫の伝統はちゃんと受け継がれてました。
その点の取り方に火がつく感じ。
それは香田監督の教えを受けた佐々木くんとの師弟関係と佐々木くんと
子供達の間にある信頼関係が成り立ってるからこそかな…。
駒苫から4人の投手陣を出させた札幌第一。
昨夏の南北海道代表校の札幌第一から4人の投手陣を出させた駒苫。
流れが行き来して、最大4点のリードをしていた駒苫だったけど、5イニングが
終わった時点で決して安心出来ない恐怖感を感じました。
そう思わせる札幌第一だったんです。
記録には残っていないけど、飯田くんをはじめ外野手の頭上を越える位の
長打が何本もあったよ。けど、札幌第一の選手がいい所で守っていたのも
研究されていたのでしょう。
8回表から流れが札幌第一に行ってしまった展開でした…。
「1球の重み」「1点の重み」を感じて「ホームが遠かった」最後の3イニング。
たった1球で流れが変わる野球は怖いです。

最後まで諦めず戦い抜いたナイン。精一杯戦った駒苫の精鋭達にありがとう。
その姿をこの目で見れて、本当に良かったと思います。

たくさんの時間がかかってもいい。いつか佐々木監督が率いる駒大苫小牧の
精鋭達が聖地の地に降り立つ姿を観たいです。

続きはブログと新聞記事
[PR]
by blue0721s | 2010-07-21 23:36 | 高校野球
「勝たせてやりたい」と語っていた佐々木監督。
そして「練習が厳しくなった」と感じ、それでもついて行く子供達。
鬼の様に厳しくても、普段は兄貴みたいと慕われてるそうで
何だかこの関係が嬉しかったりします。

新チームは7月20日にスタートを切ったそうで練習試合は約30試合(驚)
ほぼダブルヘッダーの練習試合をこなして、休みは8月下旬のたった一日
しかない位に秋季大会に向けて、こなして来たそう。

「彼ならきっと…」
そう思えた佐々木監督はチーム一丸となって秋季大会の支部予選突破!!
鵡川を倒した浦河との対戦で10-0。3回以降は単打10本で8得点。
14安打10点で6回コールド。
確実に得点を重ね、早々決着を付けた様に思えた中で驚いたのは「失敗即交代」。
速報を見てて、どうして糸屋捕手が交代になったのかな?と思った理由が
ここにありました。
試合を見ていない分、言葉を搾り出すのは難しいんだけど…
どんな指導をしているのかが理解出来る分
以前よりも「彼なら…」と強く感じた佐々木監督の采配でした。
…。
佐々木くん、こんなに厳しく指導してると思ってなかったのが本音。
けど、全ては勝利の為。勝利に導くのが指揮官。
共に歩み、共に同じ目線で同じ方向を見つめる様子は指導方法は違えど
香田先生と選手達を思い出します。

佐々木監督率いる駒大苫小牧野球部に幸あれ

続きは新聞記事
[PR]
by blue0721s | 2009-09-20 21:28 | 高校野球
いよいよ今日開幕したセンバツ。
開会式からの高いテンションで、わっくわくで開幕戦!!

金光大阪 VS 倉敷工
やっぱり高校野球は最高です!!
取られたら追いつく。追いつかれたら突き放す。
しばらく公式戦から離れた中で緊張の開幕戦なのに、ミスがあったら
ズルズルと行きそうなのに何があっても投手も守備陣も打者も動揺
せずに「自分達の野球」をやってんだよ。しかも冷静なんだよ(・∀・;)
両校の選手達の表情からも感じたわ。
9回表で9-6になった時に「倉敷工、これまでか…」と思ったら
9回裏で同点に追いついた時は、恥ずかしながら涙が出て来ました。
3点ですよ?取るなんて信じられない!
この時の監督さんの喜びようと言ったら…^^
後攻の倉敷工は1度も勝ち越しをしてないんだよね。
粘って粘って、しぶとかった倉敷工が最後の最後で勝ち越しをして
逆転勝利だもんな。すげぇーよ。すげぇーいいチーム。
金光大阪は絶対に夏、戻って来て欲しいです。

長打が多かった中でも先を狙う盗塁あり、それを刺すハンター捕手。
目まぐるしく動く展開は高校野球ならではでしょうね。
しかし何度見てもスクイズは緊張するね(^^;)

続きは新聞記事
[PR]
by blue0721s | 2009-03-21 23:11 | 高校野球
昨日、駒苫と北海の戦いっぷりを観て思った事は「確実に北海が上」

けど、まさか1点すら取れず、コールド負けになるとは思ってなかった。
駒苫の打線沈黙、投手力は北海が上となれば。
春とほぼ同じメンバーで負けたって事は、これだけ差があったって事。
監督の指揮も含めて。

指揮官が変わる事で、チームの飛躍と低迷は当然と言えば当然なのに
まして初めての監督業となれば、試合の組み立てだってベテラン監督の
様には出来ないでしょうし…。
追う試合展開になった時、選手達の精神面のコントロールも。
思い返せば、春コールド負けをした時のコメントが物語ってますよね。

と、毒を吐きながらも

香田前監督が監督を辞任した理由や香田前監督の指導を受けていた
選手達が多い事を思うとね…。
私は今まで、確実に扉を開くまでは駒苫=聖地を結ぶ表現をしなかった。
それは他の高校も目指しているから。
けど、その道を絶たれてしまった今、言っちゃっていいですか?

第二関門の扉をこじ開ける姿を観たかった。
目標にしていた聖地・甲子園球場でプレーをする姿を観たかった。
今まで敗退してしまった高校を応援していた方達と同じ様にね。
けど、1番悔しいのは選手のみんな。
3年生にとって、1、2年生にとっても-
今までやって来た事が未来に続く事を願っています。

続きは新聞記事
[PR]
by blue0721s | 2008-07-16 22:22 | 高校野球